So-net無料ブログ作成

05/26sat hiru-cycling [昼走り]

05/26sat hiru-cycling
ひるサイクリスト:荒堀、女部田、真田、高橋、竹下、飛田、藤平、星野、八島、柳瀬。
皆様お疲れ様でした。
またよろしくお願いしま〜す。
IMG_6175.JPG
IMG_6176.JPG
IMG_6177.JPG
IMG_6178.JPG
IMG_6179.jpg
IMG_6181.JPG
IMG_6182.JPG
IMG_6183.JPG
IMG_6184.JPG
IMG_6185.JPG
IMG_6186.JPG
おしまい

3/20 慌てないでお嫁サンバ@ひるサイ(春分の日) [昼走り]

火曜日です。
春分の日です。


ひるサイクリスト:飯沼、川島、川名、高橋、奈良(予習後車連)、藤平、畑田、前島、松村、柳瀬


祝日(春分の日)にも関わらず大勢の参加者が集まってくれたのでとっても嬉しゅうございます。
ありがたいことです。
ひるサイ的にはお初の畑田さん登場。
彼は昨年末くらいから自転車活動を始まられたそうですがアイスホッケー選手なので身体能力的にはまったく問題ナッシングでございます。
よろしくお願いします。

春分の日だったので(?)弊社的にメリハリつけて走ってみた。
踏んでは休み、踏んではやすむ。
インターバル練習でございます。
とってもキツいです。
キツいですが効き目は大でございます。
気を抜くと切られちゃいそうです。
集中しゅうちゅう。
道中とっても活きの良い川島さんがバビューンと抜け出す。
しばらく周りの動きを観察されていた?奈良さんが追走。
当然ここは乗っからないと。
めちゃめちゃシンドイ作業でしたがなんとかかんとか奈良さんに連結成功。
結果信号ストップもあり3人で抜け出しに成功しちゃいました。
やった。
奈良さんが予習を終えられてUターン。
本番にむかわれました。
ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
そして川島さんと二人きりに。
川島「二人で逃げちゃいますか?」
柳瀬「そりゃいいけど、そうしたら間違いなく牽き時間は川島5柳瀬1の割合だよ」
川島(苦笑い)
柳瀬(苦笑い)
そんなやりとりをしていたら本隊が追いついてきました。

清澄手前でもドンドンパチパチ。
ドンパチしてみたのはよかったのですが下手こいちゃいました。
清澄坂前でもう一発仕掛けようとしたところで痛恨の変速ミス。
やっても〜た〜(汗)
ここで終了でございます。
遠ざかっていく集団を眺めながらストッピング。
ぐにょんとなったチェーンをなおして復旧終了。


今日の教訓:急いては事を為損じる(慌てないでお嫁サンバ的に変速いたしまショー♪)


岩殿で再合流。
物ポンな方々(山本慈さん浅倉さん)と談笑。
話題は「あざみ」。
皆様登れない組合員をいじって楽しんでおられたようです。(苦笑)
またご指導よろしくお願いします。


その後物見山小周回を3周。
周回中に坂手さんが牽くバウンス3両編成とスライド。
やってますねー。
4/18祭りでご一緒できると嬉しゅうございます。
よろしくお願いします。


復路は淡々たたんと。
秋ヶ瀬公園で茶をしばいて解散。
皆様ありがとうございました。
またよろしくお願いしマース♪


その後野澤さんとこにお邪魔虫。
お忙しいなか失礼しやした。
下総で使ったパーツを返却して無事帰宅。


おしまい



2/18 ポン酢トレイン@ひるサイ [昼走り]

土曜日です。


ひるサイクリスト:鬼塚、小村、藤平、本間、八島、川島、柳瀬


往路は北風ぴゅーぴゅー。
つまり向かい風ぴゅーぴゅー。
時おりななめ右からぴゅーぴゅーだったので右まわりローテ。
とってもE感じです。
強烈な向かい風の中、インナーくるくるな方。
アウタートップな方。
同じ状況列車に乗車していてもいろんな練習があるんだなー。
わたしはインナー派で。
今日は登りは完全に捨てて平坦オンリーで頑張ってみた。
皆様には、えっ!?こんなところで?
と思われた鴨ですが予定通り狙いどおりのプレーでした。
清澄前でのアタックでは2度くらいスルーされてしまいましたが3度目に小村さんがお付き合いしてくれました。
ありがとうございました。
清澄坂にはいってから集団をお見送りして間然にバックアタック。
もちろん後にはグルペットすらおらずでございます。
下り坂日陰凍結の危険が危ないデンジャラスデーだったので横松ー定峰ー長瀞方面は回避。
物見山大周回を5周ほど。
わたしは完全に捨てていたので適当にサイクリングでほぐす。
道中車連途中帰還の奈良さん、ソロで物見山小周回練の畑田さんとスライド。
大東坂下ローソンにてポン酢列車と再合流。
復路は追い風ぴゅーぴゅーで快速列車運行でした。
超楽しかった!
皆様ありがとうございました。
またよろしくお願いしマース。


おしまい



2/11 ひるサイ→玉チク練 [昼走り]

・川口隊長率いるひるサイオールスターズに乗っけてもらいました。
・一番期待していた海音君は(前日かなりの練習だったようで)残念ながらDNS。
・次回ご一緒できるのを楽しみにまってる象。
・小村さんがカッコE自転車に乗ってました。
・よだれだらだらでございます。
・残念ながらペダルがLOOKだったので試乗はできませんでした。
・次回はシマノで是非!
・清澄坂では小村さんがとっても活きがよかったです。
・須佐さんが牽引する第二集団で必死に耐える。
・平坦部分でなんとか回復させて下りで踏み込んでみた。
・後続には生原さん、西村さん。
・途中で生原さんが先頭交代。
・そして西村さんがばびゅーんと。
・西村さんのお尻に頑張ってくらいつきたかったがあんよがぴよぴよで沈。
・残念。
・西村さんも小村さんに届かずで万歳状態でした。
・そのままお山方面へ向かわれるオールスターズと別れて物見山(岩殿)へソロでゴー。
・山村坂のラスト付近で慈朗さん、浅倉さんとスライド。
・岩殿で星野くんとたのしくおしゃべり。
・時間差でこちらに向かっている玉チク2両編成(吉井さん畑田さん)と高坂ちかくで無事合流。
・向かい風の中二人だけでさぞ辛かったでしょう。
・3人で大東坂をえっさほいさ。
・たんたんと登って行く畑田さんを後方でお見送り(泣)
・あいかわらずのぼれまへんな〜。


・岩殿で本日のミッション(車連コースを覚える事が第一で、もがかずたんたんと進行)を確認して3人でゴー。
・表松郷をたんたんとのぼる。
・たんたんと頂上付近までのぼってたらご本家の車連列車がばびゅーんと脇をぬかしてった。
・思わず反応。
・ご本家に直接コースを教えてもらっちゃおうかしら。
・練習のお邪魔をしないように車掌位置でたんたんと。
・かやの湯4kmの看板通過。
・4kmねばれるのか、わたくし?
・3kmくらいはなんとか食らい付いてったが残りあとちょっとで切れちゃった(泣)
・のぼれまへんなー。
・下った先の鳥居付近で吉井さん畑田さんと合流。
・3人でたんたんとたんたんと。
・そしたら車連列車がパンクストップされてました。
・お陰様で再合流でございます。
・今日はついてる象。
・そのまま車掌位置でよしみまで。
・いくつもりだったのですがゴールまであとちょいのところでまた切れちゃった(泣)
・中途半端に余計なことしちゃったからか。
・ゆるめて左折して吉見7−11で吉井さん畑田さんとサイ再合流。
・補給してたんたんとたんたんと復路へ。
・あんよがぴよぴよだったのでほとんど全部吉井さん牽いてもらってカエル(感謝)
・吉井さん畑田さんとってもお疲れ様でした。
・途中スイッチ入っちゃって申し訳ナッシングでした。
・こりずにまたよろしくお願いしマース。


おしまい

2/5 玉チク練がいつのまにやら塾長練に [昼走り]

日曜日です。

今日は畑田さんと玉チク練でございます。
コースは清澄経由物見山(岩殿)行きのいわゆる「ひるサイ」コース。
弊社的に火曜日から走りっぱなしなのであんよが相当しょっぱい状態。
大丈夫か〜?
こんな状態でサシ練ではたいしたスピード練習はできないような気がしたのでE方を探してみた。


見つかった。


上江橋で。
いつもお世話になりっぱなしの松村さんでした。
そうです。急遽松村塾の開講でございます。
自転車に乗り出してまだ日が浅い畑田さんにはいきなりアレがアレな気もしましたが彼はアイスホッケー選手。
アスリートなのでなんとかなるでしょ?!
脚力の差は牽き時間で調整というお約束を実行。
向かい風のなか塾長に長牽きしていただいて回復してからローテ交代。
畑田さんも難なくローテしておられます。
やるなー。
登りが始まる清澄坂では塾長についていけなかった、、、(泣)
頂上で三人再合流して三段坂へ。
塾長のお尻にびったづきで堪える。
そして苦手な最後の山村坂。
中盤まで堪えたもののバス停手前であんよが終了でございます(弱)
ぴよぴよと垂れまくり(泣)
塾長はまったく垂れずに淡々といっちゃった。
この差はでかいな。。。
走り込み&減量をがんばらナイト。


岩殿で小休止。
川口車連の通過を見学させてもらいました。
奈良さん上村さん等が通過。
わたしもあのスピードで大東坂をクリアしてみたいものです。


復路は若干の追い風にのって塾長の怒濤の鬼牽き炸裂。
えっ!?いつの間にP3(生粋のTTマシン)に乗り換えたの?ってな感じ。
前乗りでビックギア踏みまくりでした。
わたしは一度だけローテ交代してみたものの再度交代するとせっかくのスピードに蓋をしちゃうのでやーめた。
塾長に最後迄お願いしちゃいました。
彼は超人だから、まいっか。
入間大橋までのラストスパートは痺れちゃいました。
よくもまーあれだけ出し切れるものです。
さすが塾長。。。
今日もいっぱいお世話になりました。
ありがとうございました。


畑田さんお疲れ様でした。
ありがとうございました。
またよろしくお願いしマース。


おしまい

2/4 玉チク練@彩子 [昼走り]

土曜日です。


team閃風脚埼玉地区練習会、略して「玉チク練」でございます。
8時から彩子周回なので予習として秋ヶ瀬からひるサイ列車に乗車。
荒サイ田んぼ区間でよしさんしんちゃんとUターン離脱。
川口さんひるサイクリストの皆様ありがとうございました。
離脱後にりっちゃんをナンパして玉チク練にご一緒してもらっちゃいました(嬉)
本日は女性メインなのでとってもありがたい象。


玉チク練@彩子
みぽりんさん、りっちゃん、アーガイルともさん、がずえさん、うっちゃん、prinさん、支部長、よしさん、しゅわっちさん、わたしの総勢10名でがんばりました!
お陰様で怪我なく事故なく無事終了でございます。
皆様お疲れ様でした。またよろしくお願いしマースm(_ _)m


練習終了後、みぽりんさん、りっちゃん、prinさん、支部長、わたしで榎本牧場までまったりツーリング。
これこそ自転車の原点ですね。
榎本牧場で期間限定ジェラードを食べて焚き火のまわりで談笑。
お陰様でとっても楽しい時間を過ごす事ができました。
いかったいかった。


おしまい


1/22 主と子羊    [昼走り]

1/22(日)
日曜日でございます。
前日の土曜日は飴ふり雪ふり。
そしてなーんと目の中にいれても痛くない(入れてみた事はナッシングですが)二男09の病院おくりの為ばったばたでDNS&休脚デーに大決定。
土曜日時点でのマブダチの飴ダス君は「日曜日は難しいよ」とは言ってたケドけど。
チャンスがあれば走る象。


寝て起きたらチャンスがきました(嬉)
マブダチの飴ダス君や飴ッシュ君総動員して作戦会議。
彼らが「いける象!」と言ってくれたのでー
「ラッキーちゃちゃちゃ、うー」で8時ちょい過ぎに家出。
防寒用&飴用にレインジャケット装備でしたが飴は行きと帰りにちょうろっと程度。
今日は冬眠中にばっちり備蓄させていただいたヤツを燃やす象。
iwayuru LSDってヤツですか?
ヤバい方じゃないよ。
ロングスローな方。
気持ち的には24時間くらいかけてじっくりことこと煮込んでみたかったのですがー
制約だらけのわたくしにそんな時間はナッシング(泣)
しゃーないので毎度の100kmコースで煮込んでみました。

じっくりことこと煮込んで清澄坂通過。
われながらとってもE煮込み具合です。
三段坂へさしかかったところで前方から(本日ふたりめの)自転車海苔ハズカム。
おっ!あれはマブダチのひろしちゃん!
じゃなかった、師範代のひろしさんでした!
小売業は変化対応業と弊社社長はいっとりましたが
自転車業界も変化対応業でございます。
じっくりことことからストイック(横松反復)な方向へずばっとシフトチェンジ。
主に導かれながら今期二度目の横松でございます。
(一度目は森井さんとらぶらぶ)
主はいってきますとおっしゃられてズバッとあざやかに視界からお消えあそばされました。
自他ともに認める(泣)のぼれない迷える子羊はたんたんとたんたんと。
思いもかけない筋トレプレーでございます。
これでスプリントもバッチリかー?!(嬉)
主のお導きに感謝でございます。
アーメン。


主は横松3往復。
子羊は2往復。
でも2往復目の途中で主に追い越されたので実際は約三倍のスピード差があったと思われます。
あいかわらずのぼれんの〜。


横松終了後ほのぼのしたド平坦コース(とってもだいすき)を二人で通ってカエル。
信じるものは救われる。


おしまい










12/31 今年の〆走りはひるサイ→ひるタマ [昼走り]

・大晦日です。
・今年の〆走りでございます。
・ひるサイへゴー
・大晦日なのに人数多め。
・人数多かったのでローテさぼらない象。
・柳井プロの番手。。。
・前になかなか出られず苦戦。
・私の番手の松村さんが(愛の?)お尻プッシュ。
・めちゃめちゃ苦しいです。
・荒川CRでかなり脚が削れてしまって上江橋−入間大橋区間で千切れる。
・すなわちひるサイ終了でございます。
・捨てる神あれば拾う神あり。
・タマレンジャーの森井さんを前方に発見。
・ベンチマークにさせていただく。
・じわりじわりと距離をつめてドッキング成功。
・ひるタマよろしくお願いしちゃいます!
・二人で清澄経由で物見山・岩殿まで。
・ここで直帰するひるサイクリストをお見送り。
・ここから二人で横松登って復路へ。
・登りでは森井さんに登れない人(わたくし)のペースに合わせていただいちゃった。
・ありがとうございますです。
・平坦ルート→高坂付近で前方からなにやら熱い風が、、、
・熱いご夫婦(酒井さん)登場。
・〆日にお会い出来てとっても嬉しゅうございました。
・ここからソロでカエル。


◯きょう思ったこと
・身体が重くて加速がとっても鈍い。(インターバルがかかる度に当然余計に脚をつかう)
・脚がまわらない。(心肺はまだ余裕があるのに回せないので踏んでいる為乳酸たまりまくり)


道程は遠い象。


おしまい

6/4-5(土・日)  週末練のラストにヘロヘロ状態をバッチリみられちゃった [昼走り]

・土曜日
・ひるサイクリスト:川口・倉本・藤平・星野・八島・(もうおひとかた)・柳瀬(敬称略)
画像 011.jpg
・日曜日レースな面々多数の為いつもより人数少なめ。
・暑かったあつかった。
・高坂近辺で気温↑↑。
・清澄では先頭集団から完全に置いてかれちった(泣)
・ならば第二集団で辛抱しまショー。
・と思ったもののアキマヘンでした。。。
・あーとっても切ない。



・日曜日
・ひるサイクリスト:松村・柳瀬
・イタリア(ミラノ)サイクリスト:須佐さんほか大勢。
画像 012.jpg
・ひるサイつーよりはミラーノ錬に相乗りさせていただいたと言った方が正しい鴨。
・へたするとソロ錬?と覚悟していたのでこれは大変ありがたいことなのでした(嬉)
・イタリア列車はとっても速いのでした。
・JR川越線の踏み切りでいつもより弾んだせいか?ボトル爆弾を投下しちゃいました。
・後続の方お騒がせいたしました、失礼いたしました。
・後続のイタリア男殿(サンレモジャージの方)はとっても優しい方でした。
・わたくしめのボトルを拾ってくださいました。
・ありがとうございました!
・助かりました。
・ボトル落下で列車から完全にきれちゃいましたね。。。
・と思っていたら上江橋手前で集団はストッピング。
・ここで他メンバー待ちだったらしい。
・たすかった。。。


・早俣橋でぐーりぐり。
・清澄前でもぐーりぐり。
・清澄坂は先頭松村、須佐のお尻で辛抱しんぼう。
・なんとか平坦部分まで頑張れました!
・と思っていたら松村さんアタック。
・須佐さんと二人でいっちゃった(泣)
・ここで切られるとはおもわなんだー。
・わんこ坂へ向かわれるイタリア列車とお豆腐屋さんでお別れ。
・ここから平坦ルートをソロでカエル。
・疲労困憊で荒川サイクングロードではハエもとまりそうなスピード。
・秋ヶ瀬公園ではヘロヘロ。
・公園出口付近でお声賭けされる。
・江国さんでした。
・ヘロヘロ状態をバッチリみられちゃった(汗)


おしまい

4/29-5/1 お山合宿 [昼走り]

お山合宿に参加させていただきました。


メンバー:臼井・鬼塚・川島・柴田・奈良・福岡・松村・柳瀬(敬称略)


「登れない人」であるわたくしが何故「お山合宿」???
場違いなのは百も承知でございますがー
いつまでも登れないっつーのもアレがアレだし
「自分で限界をつくるな」なんて座右の銘もあるし
なにより登りで集団から徐々に遅れる悲哀や悔しさを味わうのはもうごめんだ象。
ぱおーんと吼えて出走表明。


<初日>
秋ヶ瀬から北軽井沢まで自走。
「サイクリングより早く通常練習よりも遅いペースで」と聞いていたのですが(当社比)かなり速いです。
このペースで登り込みの170kmもつんですか???
お強い皆様は持つとしてわたくしは持たないでショーきっと。
少々の遅れならともかく道中大ブレーキとなってはいけませんので序盤から付き位置固定で。
去年の宮杯試走時の大ブレーキが脳裏をよぎっちゃったので皆様お許しくださいませませ。
大東坂、松郷、寄居、皆野の登りでことごとく遅れるわたくしめを仏の奈良さんがレスキュープレイ。
ありがたいことです。
お久しブリトニーで優しい奈良さんを見た(嬉)
(いつまでも甘えていてはいけませんが、、、)


最後はプチ千切れたもののなんとかかんとか道の駅下仁田まで走りきる。
ここからの中軽井沢までの登坂区間は待ってました~のサポートカー運転役。
た・す・か・っ・た。。。
車なのでアクセルちょい踏みするだけで登れちゃうので楽ちんらくちん。
登りは車に限りますね!(爆)
運転手席から眺める皆様の熱い走りはとっても新鮮でした。


中軽井沢ツルやさんでランチ&お買い物。
ここから最後の登りをこなして北軽井沢ベースキャンプへ。
・シャワーをあびて
・プシュッ!
・あー幸せ。


<二日目>
お山合宿のメインディッシュでございます。
地蔵峠-車坂峠の往復コースで獲得標高3500mだそうな。。。(怖)
地蔵峠へのアプローチ区間ですでに集団から後れるわたくしめ(泣)
地蔵峠登り口から皆様とバイバイキンで一人旅。
心拍があがらず(あげられず)標高が高い為とっても寒いです。
一度脱いだウィンドブレーカーを着なおしたくらい。
寒さと登り坂に苦戦しつつもなんとか地蔵峠頂上着。
(証拠写真です)
画像01 647.jpg
コースはここから下って車坂峠往復なのですがー
相当弱っていたので当社比オーバースペックと判断。
すごすごと退却させていただきました(弱) 
そのままベースキャンプへ戻ってしまうのもアレがあれなので
夏に使っているアップダウンコースに変更して走る。
寒さも和らいだのでOK牧場でした。
皆様より一足先に帰還して終了。
しっかしのぼれまへんなー(弱)


<三日目>
自走で帰還、登り練習後車載帰還、電車輪行帰還の3組に分かれる。
わたくしめは諸般の事情にて電車輪行帰還を選択。
4時間のんびりのびのびローカル電車に揺られてカエル。
お久しブリトニーな電車の旅を満喫しました。



・朝晩の食事では奈良さん臼井さんに大変お世話になりました。
・ありがとうございました。
・参加の皆様大変お世話になりました。
・あいにく練習のお相手にはなれませんで申し訳ございません。
・食事内容に関しても大変勉強になりました。
・練習だけでなく「同じ釜の飯」を食べることで参加者ともより親交を深めることができてとても良かったです。
・以前から気になっていた「蒔きストーブ」を見ることが出来ていかったです。
・あの炎が○○の秘訣か?
・残念ながら鉄板を見ることは出来ませんでしたがそれは次の機会へ。


おしまい
















この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。